HOME >> トピックス >> 常総の水害で被災された方を支える「ぬくもりのバトン」プロジェクト【終了】

   

トピックス

常総の水害で被災された方を支える「ぬくもりのバトン」プロジェクト【終了】

「ぬくもりのバトン」をつなげよう!

活動レポート(PDF:2.2MB)のダウンロードはこちらから!


バラバラでは、くらしは再建できない!

 9月10日の水害発生から、3ヶ月が経とうとしています。いまだに約3,000世帯の人たちが、元のくらしに戻れていません。アパートに住んでいた人たちは、以前住んでいたところに戻れず、市外に流出しています。家がある人たちも、被災の差、支援の差が生じ、家をすぐ直せる人とそうでない人の間でも溝が生まれつつあります。みんながバラバラでは、くらしもまちも再建することは難しいです。その一方で、常総で未だに厳しい在宅避難生活をしている方々が多くいらっしゃることは忘れられがちです。

水害発生から3ヶ月経った、茨城県常総市の状況とコモンズの活動報告はこちらをご覧ください


 そこで私たちたすけあいセンター「JUNTOS」は、食事会やサロン活動を通じた住民同士が話し合う場づくりを進めています。また、以下の「ぬくもりのバトン」をつなげる活動を行いました。



電気毛布を配って、一人一人の声を集めます

① 被災された方が寒い冬を乗り切れるよう、ご寄付を募って電気毛布を配る活動を行いました(詳細は以下をご覧ください)。水害で被災され、メッセージの発信に同意していただけた137世帯に電気毛布をお渡ししました(2016年2月15日現在)。

② 電気毛布を受け取った方は、被災した当事者として、以下についてのメッセージを書き、想いや経験を伝えることで、「ぬくもりのバトン」リレーに参加していただきました。避難所や在宅で長く不自由な生活を続けてきた方が、どのようなことを経験し、今何に困っているのか、その情報を当事者が発信し、常総市民だけでなく多くの人に状況を知っていただくこと、生活が一変し、先が見えない中にいるのは自分だけではないと感じることで、厳しい状況を乗り越える一助になれば考えています。今後の住民同士のつながりづくりや、活動づくりに役立てたいと思います。


  • 9月10日から今まで、どう過ごされてきましたか?

  • 生活はどのように変わりましたか?

  • うれしかったことは何ですか?

  • 辛かったことは何ですか?

  • 今回学んだことや教訓にしたいことは何ですか?

  • 今後のことで考えていること、悩んでいることは何ですか?

  • まちやくらしの再生、復興で何が必要とお考えですか?

  • 行政に望むことは何ですか?

  • 市外の方々へのメッセージをお聞かせください。


③ このプロジェクトのボランティアを募り、被災した住民に電気毛布を配りながら声をかけ、寄せられたメッセージや声を整理して編集し、インターネットで発信したり、ラジオ番組で紹介したり、冊子(PDF:1.7MB)などにまとめました。被災された方と、応援する市民や団体をつなぎながら、理解と共感を通じて支援の輪を広げ、被災した住民全体に効果が及ぶようにします。


このプロジェクトの意義
 
 ご寄付を通じて、多くの世帯に電気毛布を配り、寒い中で暮らす人たちにぬくもりを届けられました。そして、突然水害にあった際にどんな困難に直面するのか、慣れない避難先や壊れた家の中でどんな生活を送っているのか、大事なものや資産を失った人たちの心境、住民が望んでいることなどを多くの人が知ることにつなげました。

 住民側も、自分たちは取り残されていると感じがちですが、毛布を介した励ましによって勇気づけられ、少しでも前向きになることができます。当事者が声を出すという参加のプロセスをつくることで、これまで行政や自治会に任せがちだった常総市の住民参加を進めたり、外国人も含め多様な住民の声を復興計画に生かせます。


warmth.jpg

小泉成器 株式会社が製造した電磁波カットの電気毛布 KDK-7554D(1枚約7,000円)


以下の寄付募集は終了しました。ありがとうございました!

電気毛布を購入するためにご寄付をください!

※ 1口3,000円で、1口以上のご寄付をお願いします。

※ 本プロジェクトへのご寄付は、寄付者優遇税制の対象となります。詳細はこちらをご覧ください

インターネットによるオンライン寄付

 インターネットで、クレジット・カードやコンビニ決済などで、24時間ご寄付できます。「常総地域水害被災者支援活動」を選択してください。詳細はこちらをクリックしてください。

※ 「ご意見・ご要望等」の欄に、「ぬくもりのバトン」とご入力ください。メッセージも併せてご入力いただけます。

ゆうちょ銀行の口座へのお振込み

番号:00110-3-263714
名称:NPOセンター・コモンズいばらき未来基金
※ 「ぬくもりのバトン」プロジェクトとご指定いただくため、郵便振替の払込取扱票の通信欄に、「ぬくもりのバトン」とご記入ください。

銀行口座へのお振込み

常陽銀行 本店営業部
普通 3637778
「認定NPO法人 茨城NPOセンター・コモンズ いばらき未来基金」
※ ただし銀行へのお振込の場合は、ご本人様確認ができませんので、匿名でのご寄付をご希望される方以外は、必ずeメールまたはお電話で、お名前、ご住所をお知らせください。件名に「ぬくもりのバトン」とご入力ください。

☎:029-300-4321
eメール:office@ibaraki-mirai.org


Amazon.co.jp「ほしい物リスト」サービスを使って、ご自身で電気毛布を購入し、お届けいただくこともできます

 Amazon.co.jpにある、たすけあいセンター「JUNTOS」の専用ページを通じて、ご自身で電気毛布を購入し、送付先をJUNTOSにしていただくこともできます。上記のようにご寄付いただく以外にも、こちらが指定する電気毛布をご自身で直接購入し、配送いただく方法もあります。

 いずれでも構いませんので、電気毛布購入にご協力ください。


ボランティアにご協力ください!

 以下の活動にご協力いただくボランティアを募集します。多くの人手が必要です。お気軽にお問い合わせください。


  1. 被災した住民に電気毛布を配りながら、声をかけるボランティア

  2. 寄せられたメッセージや声を整理して編集し、インターネットで発信したり、ラジオ番組で紹介したり、冊子などにまとめるボランティア


お申し込み・お問い合わせ

たすけあいセンター「JUNTOS」
 (運営:認定NPO法人 茨城NPOセンター・コモンズ)
〒303-0005
茨城県常総市水海道森下町4346の3番地 エルバ水海道
☎:0297-44-4281  FAX:0297-44-4291
eメール:info@npocommons.org