HOME >> トピックス >> サシバの食べもの調査体験【終了】

   

トピックス

サシバの食べもの調査体験【終了】

サシバの食べものを調べ、守ろう

こちらをクリックして、参加申込書付き案内(DOC/325KB)をダウンロード!


 つくば市に飛んでくる渡り鳥「サシバ」をご存知ですか?サシバは、春にフィリピンなど東南アジアからつくばにやって来て子育てをして、秋に帰って行く珍しいタカです。

 サシバは、地球から絶滅してしまうかもしれない貴重な鳥です。サシバの食べものとなる生きものを調べ、どのように守っていけるか、みんなで考えましょう。


sashiba-food.png

時間帯
内 容
9:15~9:30
集合、受付開始
9:30~10:00
開催のごあいさつ、移動
10:00~11:00
サシバの食べもの調査
11:00~11:30
標本作成、まとめ
11:30~12:00
かたづけ、移動


開催日
 13日(日)
※ 悪天候の場合、7月19日(土)に順延

講 師
 元国立環境研究所 湖沼生態学 春日 清一先生

対 象
 小学3年生以上

定 員
 20名(定員を超えた場合、抽選)

持ちもの
 帽子、長袖長ズボン、ゴム手袋またはビニール手袋、長靴、飲みもの、双眼鏡や網(あれば)

参加費
 無料!

集合場所
 金田台の森(つくば市金田1338-2)
※ 地図中のAの場所
※ つくば駅からバスと徒歩で15分程度。車で7分。
※ 駐車場あり
※ つくば駅からの送迎あり

kondadai-map.jpg


共 催
 NPO法人 金田台の生態系を守る会、認定NPO法人 茨城NPOセンター・コモンズ、認定NPO法人 日本NPOセンター

協 賛
 株式会社 損害保険ジャパン日本興亜損害保険 株式会社

NPO法人 金田台の生態系を守る会
 2007年から活動開始、2013年にNPO法人化しました。国指定「金田官衙遺跡」、「金田城跡」など数多くある周辺遺跡群や、文化、貴重動植物の保全、環境教育等行っています。オオタカなどの生態について学ぶ講演会や中学生対象授業の開催、春のみちくさハイク、初夏の森の恵み体験、秋~冬の森林ボランティア活動などを続けています。


※ この活動は全国各地で展開されている株式会社 損害保険ジャパン及び日本興亜損害保険 株式会社SAVE JAPANプロジェクトの一環として開催されます。9月及び10月に行われる本プログラムにて今回の記録が使用されます。


save-japan-logo-2014.png

SAVE JAPANプロジェクトとは、47都道府県のNPOと地域の皆さま、損保ジャパン・日本興亜損保が一緒になって、全国各地の「いきものが住みやすい環境づくり」を行うプロジェクトです。お客さまにWeb約款(*1)をご選択いただくことに より、寄付を行い、地域の環境団体やNPO支援センター、日本NPOセンターと協働で、市民参加型の体験イベントを開催します。参加募集の案内や、開催報告など随時ホームページに掲載。地域みんなで参加できるイベントを目指します。 
*1) Web約款とは、保険などの説明書を「紙」の印刷物ではなく、ホームページ上で閲覧できる仕組みです。


お申し込み・お問い合わせ

こちらをクリックして参加申込書付き案内(DOC/325KB)をダウンロードしてご記入の上、下記までeメールにてお送りください。お電話でも受け付け致します。

※ 締切:開催5日前


NPO法人 金田台の生態系を守る会
 担当:高橋
☎:090-3476-7814
eメール:info@kondadaiseitaikei.com