HOME >> トピックス >> 2016年度NPOマナビヤ事業 第1回未来塾「社会活動家としての市民の役割」【終了】

   

トピックス

2016年度NPOマナビヤ事業 第1回未来塾「社会活動家としての市民の役割」【終了】

生活困窮者支援をどうするか

開催案内(DOC:963KB)のダウンロードはこちらをクリック!


 平成27年度から生活困窮者自立支援法が施行されましたが、就労準備支援や家計支援など任意とされた支援事業は、県内ではほとんど実施されず、相談に行って出口がないケースが少なくありません。

 生活保護を受けていない一人親世帯、障害者福祉の対象にならないけれど一般就労も困難な人など、制度の間にある人を支援するのもNPOの役割ですが、制度外ゆえにそうした法人はなかなか増えない状況があります。
 
 今回は、パーソナルサポート事業にも関わり、貧困や市民運動について著書も多い湯浅さんを招き、貧困の連鎖を防ぐために、市民、行政、事業所、労働福祉団体ができることを考えます。本県において、官民連携によるセーフティネットづくりを共に考えましょう。


manabiya2016.jpg


講 師
湯浅 誠氏 社会活動家
 1969年東京都生まれ。東京大学法学部卒。2008年末の年越し派遣村村長を経て、2009年から足掛け3年間内閣府参与に就任。内閣官房社会的包摂推進室長 など。政策決定の現場に携わったことで、官民協働とともに、日本社会を前に進めるために民主主義の成熟が重要と痛感する。
 現在、法政大学現代福祉学部教授の他、ラジオのコメンテーター、朝日新聞紙面審議委員などをつとめる。著書に『ヒーローを待っていても世界は変わらない』(朝日文庫)『反貧困』(岩波新書)など多数。

日 時
 2016年24日(水)
 午後1時半~4時半(受付開始:午後1時15分)

対 象
 ご関心のある方ならどなたでも

定 員
 130名(申込先着順)

参加費





種 別
今回のみ(税込)
全回参加(税込)
コモンズ正会員
800円
4,000円
コモンズ正会員以外の方
1,000円
5,000円

会 場
 トモスみとビル 3階 セミナーホール(茨城県水戸市大工町1-2-3)


  • 水戸駅北口バス乗り場④⑤⑥⑦番より、「大工町」下車。約10分。

  • 1階に水戸信用金庫が入っている建物です。

  • 建物に無料駐車場はございません(水戸信用金庫の駐車場はご利用できません)。日中は安価な駐車場が付近に多くあります。



未来塾とは
 社会状況の変化に応じて、国の制度は2、3年で大きく変わっていきます。一つの大きな流れは、福祉制度の変化です。
 国の制度づくりにも関わっているような、全国的に先進的な活動に取り組んでいるNPO関係者や有識者を招いて、制度が今後どのようになるのか、今後NPOに期待されることは何か、ともに考えます。

主 催
 認定NPO法人 茨城NPOセンター・コモンズ

助 成
 一般財団法人 茨城県労働者福祉基金協会

2016年度NPOマナビヤ事業「未来塾」年間予定
開催日
会 場
テーマ
講 師
団体名
役職名
氏 名
第2回
2016年9月29日(木)常総市内小規模多機能な居場所づくりNPO法人 全国コミュニティライフサポートセンター理事長池田 昌弘 氏
第3回
2016年10月水戸市内子ども・子育て支援はどうなるか
登壇交渉中
第4回
2016年11月常総市内若者の自立支援NPO法人 多文化共生子ども・若者プラットフォーム理事長田中 宝紀
第5回
2016年12月水戸市内被災者の住まいをどうするか神戸大学大学院 人間発達環境学研究科教授平山 洋介
第6回
2017年1月常総市内人を活かし、地域でお金を循環させる
登壇交渉中
第7回
2017年2月22日(水)水戸市内子ども食堂を通じてつくりたい地域NPO法人 豊島子どもWAKUWAKUネットワーク理事長栗林 知絵子 氏
第8回
2017年3月常総市内障がい者が自分らしく暮らせる地域づくり
登壇交渉中


お申し込み、お問い合わせ

 こちらをクリックして参加申込書付き案内(DOC/963KB)をダウンロードしてご記入の上、下記までFAXまたはeメールにてお送りください。お電話でも受け付け致します。

※ ご記入いただいた個人情報は、本行事の運営及び関連するご連絡のみに使用致します。

認定NPO法人 茨城NPOセンター・コモンズ
 担当:大野
〒310-0022 茨城県水戸市梅香二丁目1番39号 茨城県労働福祉会館2階
☎:029-300-4321
FAX:029-300-4320
eメール:info@npocommons.org