HOME >> トピックス >> 第2回JUNTOS井戸端会議「住民同士が想いを共有し、つながるためにできること」【終了】

   

トピックス

第2回JUNTOS井戸端会議「住民同士が想いを共有し、つながるためにできること」【終了】


 水害が発生してから2か月が経ち、家の片づけ、避難先と家の往復、修理や買い物、家族の送迎、知人の手伝いなど、休む暇もない日々を送られている常総市民も多いと思います。家に戻れず、避難所や知人宅に身を寄せている方も多く、炊き出しの場で「どうしていたの?」、「今どこにいるの?」といった声も聞かれます。

 状況は違うにせよ、常総に住んでいる、または住んでいた人が、今どんな状況で暮らし、今何を想い、何について悩み、今後どうしようと思っているか、互いに知り合うことが大事だと思います。周りの人の状況や、考えを知り合う中から、一緒にできることも見つかるはずです。

 そんな想いで、たすけあいセンター「JUNTOS」は、以下のように井戸端会議を開きます。今回は、阪神大震災の時に、国籍を超えて被災した住民がつながるために、市民による多言語のラジオ放送を始め、被災地の災害FM放送の支援にも関わっている方をお招きします。

 一人一人が思っていることを声に出し、声を通じて人がつながることが、街や暮らしの再生にどのように役立つのか、一緒に考え、できることからやっていきませんか。ぜひご参加ください。

※ 当日の模様は以下をご覧ください。



idobata.png


日 時
 1129日(日)午後3時~5時

会 場
 常総市役所 議会棟 2階 大会議室(常総市水海道諏訪町3222-3)


テーマ
 住民同士が想いを共有し、つながるためにできること ~ラジオは、誰かの想いをみんなの想いに変える私たちの道具~

ゲスト
 吉富 志津代さん(NPO法人 たかとりコミュニティセンター 常務理事)

 神戸の震災時に、焼失した教会を拠点に、市民によるラジオ放送局「FMわぃわぃ」を有志で設立し、地域防災や市民メディア、多文化共生で全国をリードしている。


対 象
 常総市民の暮らしと街の再生を一緒に考えたい方なら、どなたでも

定 員
 50名(申込先着順)

参加費
 無料!

お申し込み締切
 2015年11月27日(金)午前中

主 催
 認定NPO法人 茨城NPOセンター・コモンズ、公益財団法人 トヨタ財団

お申し込み・お問い合わせ

お名前、ご連絡先などを、下記までFAX、eメールまたはお電話にてご連絡ください。

※ お伝えいただいた個人情報は、本事業の運営及び関連するご連絡のみに使用致します。

たすけあいセンター「JUNTOS」
 (運営:認定NPO法人 茨城NPOセンター・コモンズ)
常総市水海道森下町4346-3 エルバ水海道
☎:0297-44-4281  FAX:0297-44-4291
eメール:info@npocommons.org