HOME >> トピックス >> 「成年後見制度を考える」シンポジウム【終了】

   

トピックス

「成年後見制度を考える」シンポジウム【終了】

知っていますか?「成年後見制度」のこと

詳細は参加申込書付き開催案内(DOC/1.28MB)をダウンロード!


 認知症人口462万人、予備軍が400万人といわれています。判断能力が低下しても、自分らしく尊厳を失わず生きるために、成年後見制度を使ってみんなで支えたり支えられたりしながら、安心して暮らせるまちづくりをしませんか。

guardianship.jpg

時 間
内 容
講 師
午前の部10:00~10:10開催のご挨拶
10:10~10:55成年後見制度の今後の展望茨城県 保健福祉部 長寿福祉課 職員
11:00~12:55補助人・被補助人として見えてくること
※ 補助人と被補助人にご登壇いただきます
東京大学 政策ビジョン研究センター 市民後見研究実証プロジェクト
 学術支援専門職員 金原 和也氏
昼 食
午後の部
13:15~15:45パネル・ディスカッション
テーマ:「成年後見制度を考える」
パネリスト:
「成年後見制度に対する市町村の取り組み」
 笠間市長 山口 伸樹氏
「成年後見制度について市町村に期待すること」
 社会福祉法人 牛久市社会福祉協議会
  地域福祉G地域福祉担当主任 根崎 直仁氏
「補助人体験者が見た制度の問題点」
 金原 和也氏
「成年後見制度に対するNPO消費者相談室の取り組み」
 NPO法人 NPO消費者相談室 副代表 安彦 和子(弁護士)

コーディネーター:
 NPO法人 NPO消費者相談室 代表 山口 康夫(国士舘大学法学部教授)


日 時
 平成26年日(土)10:00~15:45

対 象
 関心のある方なら、行政職員、福祉関係者、市民の方どなたでも

募集人員
 約100名程度

参加費
 無料 お弁当代500円(希望者のみ)

主 催
 NPO法人 NPO消費者相談室


会 場
 トモスみと 業務ビル4F(茨城県水戸市大工町1-2-3)

※ JR常磐線水戸駅北口よりバス乗車10分、大工町バス停下車1分

※ 国道50号側から、「ロボット」のいる自由通路を通って業務ビルにお入りください。

※ お車でお越しの方は、申し訳ございませんが近隣の有料駐車場をご利用ください。駐車料金は日中300円程度です。アルファベットの箇所、赤字の箇所は、有料駐車場がある場所です。

daikumachi.png

※ 要約筆記あり

※ 部分参加可能

※ この事業は、赤い羽根共同募金の助成を受けて開催しています。


お申込み・お問い合わせ

 参加申込書付き開催案内(DOC/1.28MB)をダウンロードしてご記入の上、下記までFAXまたはeメールにてお送りください。お電話でも受け付け致します。

※ 定員になり次第締切。お弁当を注文する方は、2月2日(日)までにお申し込みください。

認定NPO法人 茨城NPOセンター・コモンズ
 担当:大野

〒310-0022 茨城県水戸市梅香二丁目1番39号 茨城県労働福祉会館2階
☎: 029-300-4321
FAX:029-300-4320
eメール:info@npocommons.org