HOME >> トピックス >> 水害被災地・常総の復興拠点「えんがわハウス」実現のため、ご協力ください

   

トピックス

水害被災地・常総の復興拠点「えんがわハウス」実現のため、ご協力ください

多様な人が集い、仲間や生きがいを得ること、次世代を育てることが復興につながります

詳細はこちら(PDF:6.6MB、A3版)をクリック!


katano-engawa.jpg


 コモンズは、平成27年9月関東・東北豪雨で常総の事務所が被災して以来、現地のNPOとしてたすけあいセンター「JUNTOS」を立ち上げ、運営してきました。多くのボランティアのコーディネートをしながら、被災者への情報や食料、支援物資の提供、外出や引越しの支援などに取り組んできました。これまでご支援いただいた皆様に、改めて御礼申し上げます。

 常総市の復興における課題は、持ち主が直せない空き家の増大と人口流出、店舗の減少、高齢者などでひきこもりがちな人が増えていることです。地域の再生に取り組む中で、水害前日まで診療が行われていた旧片野外科胃腸科医院と築100年の住宅が片付けられていないままになっていることを知り、地域の方々からも、この場を残し活用することを望む声が多く寄せられました。

 私たちは一昨年の秋からこの家の片付けや泥落としの作業に取り組んできましたが、500坪の土地と建物を購入しなければこの場を残せない状況に直面しました。この場を地域の拠点に再生するには、土地購入に約3,000万円、さらに改修に約3,000万円の費用が必要です。

 そこで新たにジュントス・常総復興まちづくり 株式会社を設立し、国の補助事業(2,000万円)の選定を受けました。それ以外の資金をつくるために、NPOへの寄付、会社への出資、貸付のかたちで資金をつくることにしました。

 大きなチャレンジですが、一人一人の想いを大事にし、それを重ねながら、共に活動することが復興につながると信じて取り組んでまいります。ついては、可能なかたちでのご支援を賜りたくお願い申し上げます。 

2018年1月
認定NPO法人 茨城NPOセンター・コモンズ
ジュントス・常総復興まちづくり 株式会社
代表 横田 能洋

engawa-planA3.jpg






えんがわハウス実現にかかる費用
資金調達方法
土地・建物取得費用 3,000万円
改修・設備費    3,140万円

※ 土地の一部は購入までの間、賃借予定
出資     500万円
寄付   1,000万円
行政補助 2,140万円(選定)
融資・借入  2,500万円
合計 6,140万円合計   6,140万円





寄付は茨城NPOセンター・コモンズが受け入れ、改修費とハウスでの交流事業運営費に充てます。認定NPO法人であるコモンズへの寄付は寄付控除の対象になります

出資と融資(金融機関・個人)は株式会社が受け、出資については1株10,000円、議決権と配当はありませんが、株主優待サービスを実施します。(ご検討いただける場合は、下記までご連絡ください)


参考情報


「えんがわハウス」における3つの関連法人の関係と役割

NPOコモンズは、移動支援と相談対応、多世代交流の企画、さらに多文化保育事業を行います。
障害者雇用を行う一般社団法人 グローバルセンター・コモンズ(施設名:インクル・ベース)は、施設改修とハウスの運営(接客、調理、介助など)と地域の人たちの家事支援、片付け支援などを担います。

二つの団体がハウスに入居し、雇用とサービスを生み出しながら、家賃を会社に払います。

会社は、団体からの家賃収入、ハウス利用者からの収入の中から借入の返済を行います。




engawa-plan.jpg











法人名
認定NPO法人 茨城NPOセンター・コモンズ一般社団法人 グローバルセンター・コモンズ
施設名:インクル・ベース
ジュントス・常総復興まちづくり 株式会社
設立年月日
1998年11月15日
2017年1月13日
2017年10月3日
目 的
地域の課題を市民主体で解決する取り組みを支援し、自らも寄付を募り、制度外福祉の実験を行う。常総市周辺に暮らす障がい児者と家族を支援し、バリアフリーと多文化ソーシャルワークを広げる。常総市の水害からの復興のために、空き家の改修と再生を行い、暮らしやすい地域づくりに寄与する。
主な活動
NPO設立や運営に関する相談対応。生活困窮者の相談対応、就労支援。常総の外国ルーツの児童生徒の学習支援。水害後にたすけあいセンター「JUNTOS」を設立し、活動を継続中。障がい者の就労支援(A型)と障がい児の放課後等デイサービスを運営。
(外国の子や若者に障がいが引きこもりが多いことから、外国籍住民に重点を置く)
災害後に手付かずになっている住宅などを購入または借り受けて改修し、地域に必要な場(住居や地域拠点)として再生する。
このプロジェクトでの役割
・ 全国からの災害に関する視察対応、研修への講師派遣や改修ボランティアの受け入れ。災害被災者の生活相談、移動支援。
・ 拠点での多文化保育の実験(外国人保育人材の育成、就学前の日本語習得支援と、母親に対する日本での子育てや教育に関する情報提供と職域開拓)
・ 拠点での生活支援に関するソフト事業のコーディネートをしつつ、家賃を会社に払う。
・ 住宅などの改修作業の一部を請け負い、障がいがある人が訓練を受けて改修、片付けを行い、復興に寄与する。
・ えんがわハウスの清掃・接客・庭の手入れ・調理や保育の補助などで拠点にマンパワーを提供。地域の高齢者宅向けの生活支援サービスを担当。
・ 拠点での福祉サービスを通じて、行政や地域から収入を得て、会社に家賃を払う。
・ 旧片野医院の所有者から建て物などを購入し、出資などで改修のための資金を調達し、チームを組織して改修を行うほか、補助金が出るまでの間に融資を受け、返済する。
・ 改修後は、施設管理者として左記の2法人や利用者などに施設を貸し出し、家賃収入を得る。
・ 家賃収益の中から、市内の空き家の改修財源を作り、空き家の再生を促進する。
主な財源
被災者支援活動への寄付、多文化保育への公的助成など国民健康保険団体連合会(国保連)からの給付金、便利屋業収益、防災グッズ関連収益出資金、行政や個人からの借入金、国の改修補助金、家賃、使用料収入


お振込み先

ご支援方法
お振込み先
金融機関名
支店名
口座種別
口座番号
ご寄付認定NPO法人 茨城NPOセンター・コモンズ中央労働金庫水海道支店普通5009041
出資ジュントス・常総復興まちづくり 株式会社ゆうちょ銀行10630−43574101


※ 匿名寄付をご希望される方以外は全て、ご入金後に、お振込み日、金額、お名前、住所、電話番号を以下まで必ずご連絡ください。寄付者優遇税制を適用するため、確定申告時に必要な領収書を発行致します。


ご支援のお申し込み、お問い合わせ

たすけあいセンター「JUNTOS」
(運営:認定NPO法人 茨城NPOセンター・コモンズ)
〒303-0005
茨城県常総市水海道森下町4335
☎:0297-44-4281
FAX:0297-44-4291
eメール:juntos@npocommons.org