コモンズのNPO支援の取り組みについて

わたしたちは、日本のNPOの現状を次のように捉えています。

NPO法成立から10年、これまでの成果と残された課題

成果

  1. 従来の公益概念(公益は官が決め、官だけが責任をもつという考え方)に風穴を開け、新たな市民公益概念(市民が行う自由で多様な社会貢献活動が公益の増進に寄与するという考え方)が浸透してきた。
  2. 市民団体が契約主体としての法人となれたことで事業の領域が広がり、介護保険や指定管理者など、公的な事業の担い手として急成長した。
  3. (1・2により)非営利・公益法人制度改革への新しい動きを誘発することができた。

課題

  1. 人材や組織がまだ十分に育っていない。
    • 有給職員は増えたが処遇が不十分であり、30〜40代の担い手が不足している。
    • NPOとは名ばかりで、実際にはNPP(ノン・プロフィット・パーソン)のように個人で頑張っているNPOが多い。
  2. NPOと行政の協働事例は急増したが、全体として予算が削減されており、安い委託費で無理を重ねて疲弊しているNPOも増えている。
  3. 10年前と比べ寄付の割合はさほど増えておらず、政策提案に取り組むNPOもごく一部にとどまっている。

このままでは…

悪循環の図です。内容は、a.各NPOの活動規模が小さく、事業のインパクトと組織の信用力が弱い。b.安定財源とパートナーが増えず、事業のスケールアップが弱い。c.組織を持続するだけでも大変で、新たな事業の展開につなげにくい。
悪循環

NPOの今後をめぐる2つの路線

A. 事業にばかり向かうのではなく、NPO本来の役割である運動と事業のバランスを考慮ずべき! VS B. 委託事業で体力や実蹟をつけながち、提言力を高ぬていけばよい!

Aのポイント

Bのポイント

いずれにせよ、重要なのは

「本来の組織(経営者としての理事、専門職としての職員、応援団としての会員がいる組織)」と「核になる担い手」を地域で育てること。

県内のNPOを発展させるためのレバレッジ(梃入れ)ポイント

好循環の図です。内容は、1 団体間のネットワークによる事業・提言の促進 (社会的インパクトの向上)。2 人、物、資金が得られるチャンスの拡大 (事業のスケールアップ)。3 有給職員のレベルアップと処遇改善 (新たな事業の展開)。
好循環

そこで、次の5つの柱で運動を行っています

1. 人、物、資金を交換するチャンスの拡大

2. 有給職員のレベルアップと処遇改善

3. 団体間の連帯による事業・提言の促進

4. 協働の推進

5. インフラづくり