役員紹介

代表理事 横田 能洋(ヨコタ ヨシヒロ)

p-yokota.jpg1967年千葉県出身。茨城大学卒(地域社会論専攻)。学生サークルで施設訪問や手話などのボランティア活動に関わり、学外の障がい者団体の活動にも参加。1991年に社団法人茨城県経営者協会に就職。企業の社会貢献の推進業務などを担当する中で、海外のNPO制度の存在を知り研究を始める。1996年に有志で茨城NPO研究会を発足させ、NPO法の立法運動や県内市民団体の調査などを実施。1998年3月のNPO法成立を受けて、同年11月に研究会を母体に茨城NPOセンター・コモンズを設立。同年経営者協会を退職しコモンズの常務理事・事務局長となる。以来、様々な市民団体のNPO法人化の相談に応じたり、研修や調査の企画運営、NPOと企業や労働組合などとの協働事業のコーディネートを行っている。社会的排除に関する取り組みに重点をおいており、2015年9月の水害で被災された常総市民の支援活動を行うたすけあいセンター「JUNTOS」のセンター長を務める。流通経済大学の非常勤講師も務める。



常務理事 兼 事務局長 大野 覚(オオノ サトシ)

p-oono.jpg1979年生まれ。茨城県鹿嶋市出身。2002年獨協大学 外国語学部 英語学科卒業後、国際物流企業での3年半の営業活動を経て、2006年より渡米し、ニューヨーク市立大学大学院バルーク校へ留学。2008年、同校行政学修士NPO運営コース修了。その後、1年間同大学の環境プログラムの研究職に従事し、大学のサスティナビリティ化に貢献。これまで、知的障がい者作業所、青少年育成芸術団体国際環境NGO国際平和NGO難民支援NGOなど、日米両国の様々な市民活動に関わる。帰国後2009年6月よりコモンズ・スタッフとして加わり、市民活動の相談対応や講座開催、イベントの企画・運営、行政の協働推進施策・事業支援、企業のCSR活動支援などを担当する。専門は市民活動団体の運営支援全般、ファンドレイジング、市民と行政などの協働推進など。NPO法人 フードバンク茨城理事長、NPO法人 セカンドリーグ茨城監事、社会福祉法人 茨城県社会福祉協議会評議員、社会福祉法人 茨城県共同募金会評議員、茨城県ボランティアセンター運営委員会委員、水戸市協働推進委員会副委員長、鹿嶋市協働のまちづくり推進委員会副委員長も務める。



理事 小鷹 美代子(コダカ ミヨコ)
 NPO法人 NPO消費者相談室 事務局長


理事 古山 均(コヤマ ヒトシ)
 茨城県生活協同組合連合会 専務理事
 茨城県ユニセフ協会 専務理事


理事 中村 英一(ナカムラ エイイチ)
 社会福祉法人 茨城県社会福祉協議会 福祉のまちづくり推進部  部長


理事 赤津 一徳(アカツ カズノリ)
 株式会社 ARC地域研究センター  代表取締役 社長


理事 池田 幸也(イケダ ユキナリ)
 常磐大学  人間科学部 元教授  茨城キリスト教大学 非常勤講師


監事 秋元 久典(アキモト ヒサノリ)
 秋元税理士事務所


監事 森木 孝司(モリキ タカシ)

moriki.jpg

 1948年広島県三次市出身。高校教師を志すも大学受験に失敗し、1967年広島の建設省中国地方建設局に入省。翌年千葉市にあった土木研究所に転勤し、働きながら中央大学商学部に通い、1973年卒業。1979年職場が筑波研究学園都市に移転し(国土交通省国土技術政策総合研究所)、それ以来つくば市在住。
 2002年、54歳の時に、その後の人生を模索し自己実現を図るべく、社会人大学院(多摩大学大学院経営情報学研究科修士課程)に入学。入学に際しての研究テーマは、『NPO中間支援組織の将来像と実態研究』というものでしたが、研究を進めていくうちに、ソーシャルベンチャー(社会的企業)や社会起業家に興味が拡がり、完成した修士論文は、『事業型NPOと社会企業の可能性~社会変革の新たな主体となりうるか』というものになりました。
 "社会問題解決ビジネスでメシを食いたい!"とソーシャルベンチャー(NPO)活動に関わるも、自らが社会起業家といわれる存在になるよりも、それを志す人々が社会的企業やNPOを設立し運営していくことを支援することこそが、自分の進むべき道と悟り、08年に行政書士としてつくば市で独立開業しました。以来、NPO法人・公益法人・一般社団法人・各種会社等の設立運営を支援してきております。